活動状況詳細

その他

平成26年度第1回大学研究力強化ネットワーク・カンファレンスを開催(2014/12/17開催)

 平成26年12月17日、東京医科歯科大学(東京都文京区)で平成26年度第1回大学研究力強化ネットワーク・カンファレンス「世界大学ランキングと国際情報発信について」(東京医科歯科大学・岡山大学 共催、国際情報発信TFおよび国際連携TF)を開きました。
 東京医科歯科大学の竹田秀企画・大学改革担当副理事が「世界の大学ランキングの仕組みや国際情報発信のあり方を知って頂き、そこから得られる研究力強化につながる知見を掴み、今後に活かして頂きたい」と挨拶。
 講演では、世界における2大大学ランキングのひとつである、「Qsランキング」について、Qs Asia社の最高経営責任者(CEO)であるマンディ・モック(Mandy Mok)氏が、Qsランキングのインデックスの詳細や強化ポイント、大学における国際連携の推進や国際情報発信の推進のストラテジーを紹介しました。エルゼヒア社の福﨑一郎リージョナルディレクターは、大学ランキングにランクインした海外大学の研究力強化の分析事例について紹介。またEUコミッションからは、100%出資している研究情報交流のプラットフォームである「EURAXES」の紹介や留学生や研究者などの学術交流事業である「Horizon2020」など取り組みについても紹介しました。
 閉会の挨拶では岡山大学の山本進一研究担当理事・副学長が「今回のカンファレンスで得られた知見を持ち帰り、各大学に合った戦略を練って、実施して頂き、その良し悪しを皆さんと共有して、わが国の研究大学の強化促進に活かして頂きたい」と挨拶。参加した、各大学、研究機関などの研究者、リサーチ・アドミニストレーター(URA)、事務職員ら約15機関60名は、大学ランキングをひとつの指標とした大学研究力強化増強・推進策やより効果的な研究力の国際情報のあり方などについての新たな知見を得ることが出来ました。

1.世界大学ランキングに関する発表資料
 Mandy Mok氏(Qsアジア、Qs世界大学ランキング)発表資料
 福﨑一郎氏(エルゼビア)発表資料

2.EUコミッション関連の発表資料
 研究情報交流プラットフォーム EURAXESについて 発表資料
 Horizon2020 取り組み 発表資料


Mandy Mok氏


15機関から約60名が参加しました



(2014.12.22)