活動状況詳細

その他

国際基準の大学評価の在り方を考える 平成28年度第1回大学研究力強化ネットワーク・カンファレンスを開催(2016/6/2開催)

 国際基準の大学評価のあり方を考え、わが国における研究大学の強化促進に寄与するための議論を行うため、「平成28年度第1回大学研究力強化ネットワーク・カンファレンス -国際基準の大学評価の在り方を考える-」を、6月2日に筑波大学東京キャンパス文京校舎(東京都文京区)で開催しました。
 今回のカンファレンスは、現在、世界的な大学改革の波が起きている中で、海外における大学評価のあり方を学び、改革が行われているわが国における大学評価のあり方について議論するためのものです。主催者であり、本ネットワークの事務局を務める自然科学研究機構(NINS)の小泉周特任教授・統括URAが開催挨拶と共に開催の趣旨を説明し、「目まぐるしく変化を遂げる研究の世界において、大学などの研究機関の評価も刻一刻と変化している。評価のあり方もさまざまであり、それに振り回されることなく、自分たちの強みと弱みを見極める一材料としてさまざまな評価を利活用してほしい。」と述べました。
 次に、同ネットワークの大学・ランキング指標タスクフォースの座長を務める岡山大学の山本進一副学長・理事(研究担当)が「大学評価の今」と題して講演しました。さまざまな報道などで大きく取り上げられる世界大学ランキング指標の問題点に触れ、日本の大学が持つ独自性や多様性を失うことにもなりかねないとの危惧を表しつつ、定量的・定性的な両面を組み合わせた大学評価が必要であるとの指摘がありました。続いて、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構研究開発部の林隆之教授が、「国立大学法人評価における研究評価-多様な研究活動の評価と根拠指標の設定」と題して講演しました。研究の水準に関する2つの分析項目のうち、特に「研究成果の状況」を取り上げ、その水準判定について言及し、卓越した研究業績を示す根拠データを具体的に示すことの必要性、特に、社会・経済・文化的に貢献できる根拠データの明示を強調しました。最後に、エルゼビア社SciVal(サイバル)のモハメッド・アイサティ(M'hamed Aisati)コンテンツ分析ディレクターが登壇し、「大学評価:意味のある評価指標に向けての挑戦と機会(Measuring university performance: challenges and opportunities towards a meaningful assessment framework)」と題して講演しました。イギリスにおける英国高等教育財政審議会(Higher Education Funding Council for England:HEFCE)の「研究における卓越性の枠組み2014(Research Excellence Framework:REF 2014)」など、世界的に評価機関が増加傾向にあること、大学ランキングが重要視されていることに言及した一方で、現状の課題である評価基準のばらつき、社会にもたらすインパクトを測る困難さを指摘しました。こういった課題に対処し、公平な評価をするための「共通言語」として、大学など高等教育・研究機関が必要と思われる主要な共通評価指標を定義した「スノーボールメトリックス(Snowball Metrics)」の取組を紹介しました。
 今回のカンファレンスには、各大学や研究機関の教職員やリサーチ・アドミニストレーター(URA)、研究推進担当の事務職員のみならず、内閣府などの官庁からも参加があり、集まった約40人の参加者らは、海外における大学評価の在り方を学び、現状の課題である評価指標の透明性・公平性について、今後も行政機関、大学、研究機関などが協力していく必要性を認識しました。
 今後も本ネットワークでは、わが国の研究力強化の促進のために、各機関と密に連携しながら国内外に向けて効果的な研究大学運営のあり方についての提言を発信していきます。
 

開催の挨拶と趣旨を説明する自然科学研究機構(NINS)の小泉周特任教授・統括URA


「大学評価の今」と題して講演する岡山大学の山本進一理事・副学長(研究担当)


研究評価について講演を行う大学改革支援・学位授与機構研究開発部の林隆之教授


評価指標について講演するエルゼビア社SciVal(サイバル)のモハメッド・アイサティコンテンツ分析ディレクター


熱心に講演を聞く参加者ら



(2016.7.19)