活動状況詳細

その他

JSPSボン研究連絡センター主催渡日プログラム説明会「JAPAN TAG」へ参加(2015/11/5開催)

平成27年11月5日、ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン州の州都、デュッセルドルフに位置するハインリッヒハイネ・デュッセルドルフ大学にて、JSPSボン研究連絡センター主催渡日プログラム説明会「JAPAN TAG」が開催されました。関係者63名、一般参加者(無記名を含む)100名程度、ブースのみ訪れた学生や研究者を含めると200名を大きく上回る方々にご参加いただき、大盛況のうちに終了しました。

大学研究力強化ネットワーク(RUネットワーク)国際連携に関するタスクフォースは、「JAPAN TAG」の企画立案に協力し、RUネットワークに所属する10機関と共に、エレベーターピッチ手法を用いた機関紹介とブースでのマッチングを実施しました。エレベーターピッチ(1機関あたり2分間の要点を絞ったプレゼンテーション)は初の試みでしたが、ドイツ側出席者から「わかりやすかった」との声を多数聞くことができました。

 また、「JAPAN TAG」前後の日程で、マックスプランク鉄鋼研究所の訪問、デュッセルドルフ大学研究支援部門との面談、理系および文系の研究室訪問も実施しました。

報告書と関連資料は以下からダウンロードすることが可能です。
報告書 JSPSボン研究連絡センター主催大学紹介イベント「JAPAN TAG」への参加について
資料① MaxPlank訪問 プログラム(事前資料)
資料② MaxPlank訪問当日進行表
資料③ マックスプランク鉄鋼研究所紹介(PPT)
資料④-1 MaxPlankパンフレット_1
資料④-2 MaxPlankパンフレット_2
資料⑤ Japan TAGプログラム
資料⑥ デュッセルドルフ大学訪問当日プログラム
資料⑦-1 International Office
資料⑦-2 Department of Research Management
資料⑦-3 the Services of HeRA (Heine Research Academies)
資料⑧ デュッセルドルフ大学パンフレット

photo1

photo2

<本件連絡先>
大学研究力強化ネットワーク
国際連携に関するタスクフォース 幹事校
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
担当:藤根和穂
TEL:03-5425-1324
e-Mail:office@runetwork.jp



(2015.12.10)