活動状況詳細

全体会議

全体会議(第2回)等を開催(2014/9/3開催)

 平成26年9月3日に東京の学術総合センターで第2回の全体会議を開催しました。構成機関は、9月現在で25の国公私立大学・大学共同利用機関法人。
 同会議では、冒頭の自然科学研究機構・佐藤勝彦機構長の挨拶の後、岡山大学の山本進一理事を議長に選出し、「研究力強化を推進する上での課題」をテーマに、研究大学が直面している諸課題とその解決策について様々な観点から包括的な議論が行われ、出された意見等を整理して今後の活動に活かしていくとともに、国や資源配分機関への要望にも繋げていくことが確認されました。併せて、同会議の下で活動している4つのタスクフォースにおける検討状況等が報告されました。それに続く記者懇談会では、山本議長から、我が国の研究大学の現状と課題について、論文シェアや研究費配分の国際比較のデータに基づき、一部のトップレベルの大学だけでなく、学術、科学技術の基盤を支えるという自負を持った30程度の研究大学群の底上げが必要である旨の説明があり、記者の方々と活発な意見が交わされました。最後に、日本学術振興会の渡辺淳平理事からエビデンスに基づく有効な政策提言を期待する旨のコメントがなされ、閉会しました。
 
議事
(1)研究力強化を推進する上での課題について
(2)タスクフォースの検討状況について
(3)その他



(2014.11.21)